運動機能分析システム/姿勢検査/施術技術 従来の施術を進化させる【整体技術】で、エキスパートAI搭載の運動機能分析検査は患者さんの納得と信頼を高めます。
整体院・整骨院・接骨院・リハビリなどで、腰椎ヘルニア/脊柱管狭窄症/五十肩/変形性膝関節症の早期改善と再発を予防します。運動分析は根本施術として利用される独自の施術方法です。アスリートや大学病院の医師も通われる整体技術です。自費移行や強化を目指す方は、イーファスにお任せください。


導入説明-②

(更新)2020.3.29

イーファスの操作方法について、サポート画面の資料をまとめています。

※通信環境によっては、画面を読み込むのに若干の時間がかかります。

◆ログイン

◆ログイン設定の方法 4分32秒

◆画面の動きが遅く(重く)なった時の対処法 3分34秒

※施術版の画面ではありませんが同じです。

◆イーファスの操作説明

E.F.A.Sシステムの画面構造の説明と、最新の利用マニュアルに沿った、

イーファスの画面を使った基本操作を説明した動画です。

マニュアルとあわせてご覧ください。

PDF :   ◆利用マニュアル(第9版)PDF

 ※クリックすると資料をダウンロードします。

※サポート画面には、本ページに掲載していない資料もございます。

PDF :  ◆E.F.A.Sシステムの画面構造について

 ※クリックすると資料をダウンロードできます。

◆メインメニュー画面について 2分46秒

◆カウンセリング機能の使い方 8分18秒

タイトルのページ番号は、利用マニュアルのページ番号です。

関連する動作検査や実技の動画も掲載しています。

【目次】※項目をクリックするとその資料に移動します。

[基本操作]

◆患者様情報を登録する方法 4分38秒

◆患者様の検索方法 1分59秒

◆基本施術のながれ(初回) 5分41秒

◆関節運動検査Ver2.0(15:44)

 ※運動機能検査の方法は、各検査画面右下のボタンから動画を視聴できます。

◆PDF :  30.急性変換ボタンの使い方(第3版)

◆PDF :  4.施術日登録の方法(第2版)

◆複数の患者様を同時に施術する(画面SSと調整図印字機能) 4分10秒

◆施術目的の選択 6分38秒

◆骨盤検査の方法Ver2.0(23:34)

◆動作検査をし直す、やり直す方法 7分52秒

◆オーダーストレッチの実施方法 9分01秒

◆テーピングの実施ポイント(9:46)

◆基本施術のながれ(2回目以降) 3分02秒

◆過去の施術データの閲覧(来院情報の編集) 6分57秒

◆施術目的の精度高める骨盤検査の方法 9分34秒

◆距骨テープ(骨格調整テープ)の方法 3分59秒

◆骨格調整テープ 第1,2テープ[講義](27:19)

◆骨格調整テープ 第1,2テープ[実技](19:51)

◆対象筋表示画面の使い方 9分57秒

◆骨格調整、三角ブロック画面の使い方 5分43秒

◆骨格調整 骨格模型を使った仙腸関節の調整 (28:41)

◆E F A S骨格 人体を使った仙腸関節(18:20)

◆三角ブロック(31:21)

◆動作検査の後で採番する方法(2分53秒)

[姿勢分析機能の使い方]

◆姿勢撮影のポイント 6分55秒

◆姿勢画像の複数同時登録(ver.2)4分50秒

◆画像の表示と表示解除 2分12秒

◆姿勢画像の合成比較機能の使い方  8分13秒

◆表示部の拡大と縮小  9分52秒

◆まず姿勢評価を行ってから施術を行う流れ 13分53秒 

◆画像検索機能について 1分35秒

◆画像プレビュー機能について 1分47秒

◆並列比較画像を患者様へ送る際の操作 7分09秒

◆基準画像の設定機能について 4分02秒

◆画像の編集(回転・伸縮・反転・)とガイド線 5分56秒

[アプリ「からだセイバー」の使い方]

◆① アプリ運用方法 6:16

◆② 端末IDの登録(患者マスタとの紐づけ作業)5:15

◆③プッシュ通知機能の使い方 7:09

◆④ ポイントの利用方法 4:50

[患者様管理機能]

◆ステップメールの設定方法

◆P.12-1. 患者様情報を登録する方法 4分38秒

<目次へ戻る>

◆P.12-2. 患者様の検索方法 1分59秒

<目次へ戻る>

◆P.12-3. 基本施術のながれ(初回) 5分41秒

<目次へ戻る>

<サポート動画>

◆関節運動検査Ver2.0(15:44)

<目次へ戻る>

◆PDF :  30.急性変換ボタンの使い方(第3版)

 ※クリックすると資料をダウンロードします。

◆PDF :  4.施術日登録の方法(第2版)

 ※クリックすると資料をダウンロードします。

◆P.12-4. 複数の患者様を同時に施術する(画面SSと調整図印字機能) 4分10秒

<目次へ戻る>

◆P.14. 施術目的の選択 6分38秒

<目次へ戻る>

<サポート動画>

◆骨盤検査の方法Ver2.0(23:34)

<目次へ戻る>

◆P.15.動作検査をし直す、やり直す方法 7分52秒

<目次へ戻る>

◆P.16.オーダーストレッチの実施方法 9分01秒

<目次へ戻る>

<サポート動画>

◆テーピングの実施ポイント(9:46)

<目次へ戻る>

◆P.20. 基本施術のながれ(2回目以降) 3分02秒

<目次へ戻る>

◆P.21. 過去の施術データの閲覧(来院情報の編集) 6分57秒

<目次へ戻る>

◆P.22. 施術目的の精度高める骨盤検査の方法 9分34秒

<目次へ戻る>

◆P.23. 距骨テープ(骨格調整テープ)の方法 3分59秒

<目次へ戻る>

◆骨格調整テープ 第1,2テープ[講義](27:19)

<目次へ戻る>

◆骨格調整テープ 第1,2テープ[実技](19:51)

<目次へ戻る>

◆P.25. 対象筋表示画面の使い方 9分57秒

<目次へ戻る>

◆P.27. 骨格調整、三角ブロック画面の使い方 5分43秒

<目次へ戻る>

◆骨格調整 骨格模型を使った仙腸関節の調整 (28:41)

<目次へ戻る>

◆E F A S骨格 人体を使った仙腸関節(18:20)

<目次へ戻る>

◆三角ブロック(31:21)

<目次へ戻る>

◆動作検査の後で採番する方法(2分53秒)

(内容)

[症状管理]からではなく、[動作検査]から始めて、対象筋表示画面から症状管理に移動して、採番を後から行う方法です。採番をしない施術データ、および画像データは保存されないので注意してください。

なので、[症状管理]から始められることをお勧めいたします。

<目次へ戻る>

◆姿勢分析機能の使い方

◆姿勢撮影のポイント 6分55秒

<目次へ戻る>

◆姿勢画像の複数同時登録(ver.2)4分50秒

<目次へ戻る>

◆画像の表示と表示解除 2分12秒

<目次へ戻る>

◆姿勢画像の合成比較機能の使い方  8分13秒

<目次へ戻る>

◆表示部の拡大と縮小  9分52秒

<目次へ戻る>

◆まず姿勢評価を行ってから施術を行う流れ 13分53秒 

<目次へ戻る>

◆画像検索機能について 1分35秒

<目次へ戻る>

◆画像プレビュー機能について 1分47秒

<目次へ戻る>

◆並列比較画像を患者様へ送る際の操作 7分09秒

<目次へ戻る>

◆基準画像の設定機能について 4分02秒

<目次へ戻る>

◆画像の編集(回転・伸縮・反転・)とガイド線 5分56秒

<目次へ戻る>

◆アプリ「からだセイバー」の使い方

◆① アプリ運用方法  6:16

<目次へ戻る>

◆② 端末IDの登録(患者マスタとの紐づけ作業)5:15

<目次へ戻る>

◆③ プッシュ通知機能の使い方  7:09

<目次へ戻る>

◆④ ポイントの利用方法 4:50

<目次へ戻る>

◆患者様管理機能

ステップメールの設定方法

<目次へ戻る>

ご不明な点は遠慮なく事務局までお問い合わせください。

電話. 075-366-3991

事務局メール. support@efas.jp

Copyright © 2020 efas 整体技術 All Rights Reserved.